読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花曇りの空

しがないオタク雨野ウズメの独り言

【感想】ALICE=ALICE 黒うさぎ

近藤隆 シチュエーションCD

 

このアリアリの黒うさぎさんは、帝國スタアと同時に買ったのですが、やはり声の振り幅が凄いですね。帝國スタアを先に聞いたので「初めて」は帝國スタアとしたのですがこちらも初めて(買った)と言っても差し障りはないかもしれません。

実を言うと、帝國スタアを買うつもりでいたときにアリアリを見かけて、その場で検索して感想を読んで…っていうことをして買ったのですが、ぶっちゃけ帝國スタアよりアリアリが好きかもしれません。リップ音的な意味で(←変態)

リップ音大好きなんですよ〜!そして、この黒うさぎも奇しくも帝國スタアの怜と同じように、死にたがり…まあ何で死にたいかとか死についての考え方はもちろん違うのですが、死にたがりなんです。

 

 

さてさて、ここからはネタバレも交えながら感想を書いていこうと思います。

 

不思議の国に空から落ちた主人公は、眠っているうちに黒うさぎに写真を撮られまくります。ブサイクとかグズとか言われながら写真を撮られまくります。最初からツンデレな黒うさぎさん。可愛い。少し騒がしくて強いような気がする声なのですが、演技の仕方がそうなだけで、声だけとしてはめっちゃくちゃ可愛いです。例えるなら、世界一初恋の小野寺律くんを元気いっぱいにした、みたいな声ですかね。まあ律くんに近いかな、くらいなので悪しからず。

黒うさぎさん、騒がしいのですが、やっぱり可愛い。主人公の匂いを嗅いでるのかな?鼻をすんすんと鳴らすのがとっても可愛い。本当に可愛い。そしてちょっとその声(?)がエロティックですかね。

あと「んひひひ」って笑うのが悪戯っ子ぽくて可愛い〜〜!黒うさぎさんはちょっと狂ったっぽい笑いが多いのですが、それはそれで愛しく感じますね。さっきから可愛い可愛いしか言っていないですが、黒うさぎさんが可愛いから仕方ないんです。

そうですね、やっぱり近藤さんは叫ぶ演技が最高です。突然アラームが鳴り出して(この音は結構大きくてびっくりしました)黒うさぎは苦しみだします。大きな声で叫び悶えながら「死にたーい!」と口にします。泣きながら叫んでのたうち回って苦しんでいる黒うさぎさんはかわいそうで可愛くて仕方なかったです。喉潰さないかちょっと心配なぐらいハイトーンで叫んでます。大丈夫なのかしら。そして苦しんで「死んでやる!」っていうセリフがあるんですが、急に可愛さを取っ払った声になるので、どれだけ死にたいのかが伝わってきますね。いや、ここは実はギャグなのかもしれませんが。泣きながら叫ぶって本当に凄い。実際収録で泣いたりはしないんでしょうから、音だけで泣いているように感じさせるなんて大変なことです。

食べて食べられて、というトラックがあるのですが、聞いてみてこれ本当に乙女向け…?と思ってしまいました。トラックタイトル通り、黒うさぎさんに食べられて、主人公も黒うさぎさんを食べて…っていう内容なのですが、主人公に食べられている黒うさぎさんの声が!!えっち!!喘ぎ声にも近い感じで(近いというかもはやそのもの?)…あの…その……可愛い。このトラックが一番好きです、はい。本当あの会話の中で、「これどこ食べてんの!?」みたいのがちらほらあります。ぜひ聞いてご確認してください…

 

 さてさて、私の大好きなキャストフリトークについて語る時間がやって参りました。初っ端から可愛いです。このフリトは。「黒うさぎ役の近藤隆です」をふにゃふにゃ〜とした甘くて可愛い声で言われてしまったらそれだけで骨抜きです。

近藤さんの口から出た「濡れ場」という言葉。はい、ごちそうさまで〜す!(ZEROのナレで「性的暴行」と言っていたのに興奮してた系の豚)やっぱり「食べる」ってそういう意味だったんですね……

あと、セリフの中で笑ってるって近藤さん言ってるんですけど、何回聞いても全然どこだか分からない。どこなんだ、教えてくれ。

  

まとめての感想は、そうですね。この話は終始齧られて(ガジられて?)いまして、内容なんて無いようなものかな。ダジャレじゃないよ。頭空っぽにして聴くのにぴったりって感じです。ストーリーを気にしながら聴く必要がないので、好きなトラックだけエンドレスリピート、みたいな楽しみ方もできるのではないでしょうか。

サウンドエフェクトが可愛らしくて、まさに夢の国に紛れ込んだ感じがしますね。CD全体の雰囲気はふわふわしてて、パステルカラー!って感じなので春に聴きたいです。雰囲気だけなら昼間から聴いても良いような気がしますが、ええ、このシチュCD、ほぼ「濡れ場」で出来てますから…。ええ、夜にでも聴いてください。

こんな方にオススメ〜〜というのは、あまり思いつかないのですが、う〜ん。騒がしかったり、狂ってたり、可愛かったり、泣いてたり…と近藤さんの様々な演技が聴けるので、言わずもがな近藤さんファンにはオススメですかね!ほかには、割と腐女子の方も受け付けられるのではないでしょうか。BLCD聴ける方はイケると思います。私は声豚だし夢女子だし腐女子なので、そんな私の感覚はあまり参考にはならないかもしれないですが。

 

 

 

ところで、シチュCDには関係ないのですが、ゲームのアリアリのEDである「ワンシーン」がとても好きで、よく聴いています。聴いてて仄悲しくなってきますね。ゲームがどういう内容なのか、サッパリ分からないのですが、歌詞から察するにこんな闇なの…?鬱な話なの?

さて、立花慎之介さんの歌声はこれで初めて聴きましたが、近藤さんと相性いいですね。近藤さんって、声そのものに癖っていうものが無いのに、歌い方って結構癖があるというか独特じゃないですか。でも、歌い方も声も相性良くて良かったです。近藤さん歌い方に癖あっても、声が癖無いから、デュエット組む相手によっては埋もれちゃうので、これはそんなこともなく、良かったです。

 

それでは、またね。